« ヒロシマ労連第27回定期大会 | トップページ | 広島市社保協が国保県単位化で対県交渉 »

2017年10月26日 (木)

裁判は山場へ 山陽学園雇い止め事件第6回公判

山陽学園越智先生雇い止め事件 第6回公判が10月25日(水)11時30分から行われました。大きな法廷に傍聴者が41人、よく集まりました。
裁判は主張がほぼ出そろい、整理されて、裁判長は証人調べ日程を入れていきたいと言っています。次回12月13日(水)公判では、それが具体化されるでしょう。裁判は文字通り山場に来ています。証人調べが終われば次は判決です。来年中に出されるでしょう。証人調べ は、本人尋問も含めて行われる裁判勝利にはどうしても欠かせないたたかいです。支援側ももうひとまわり大きな運動強化を!


Dsc01469_2

|

« ヒロシマ労連第27回定期大会 | トップページ | 広島市社保協が国保県単位化で対県交渉 »