« 2017年ヒロシマ地域総行動実行委員会結成総会 2016.12.9 | トップページ | 広島県労連とヒロシマ労連が新春合同旗開き »

2017年1月 6日 (金)

市内7カ所で新春宣伝行動(1月5日)

2017年春闘のスタート

Sdscn8116  

  新年早々の寒気も厳しい15日、「おはようございます。働く仲間の皆さん、新年明けましておめでとうございます。」とのあいさつから始まる、2017年春闘第1弾の宣伝行動が行われました。

 この日は早朝から、市内7カ所(広島駅南・北口、横川駅、西広島駅、そごう前、合同庁舎前、市役所前)で総勢83人が音を出し、幟や横断幕を掲げ、チラシを約4000枚配布しました。

 全国で4割に達する非正規労働者と貧困の改善、50万円以上も下がった実質賃金、一方大企業の内部留保は増えに増えて313兆円、これでは、景気も回復しない、大幅賃上げと最低賃金のひきあげで働く者の賃金底上げを、地域循環型経済への転換、地域を元気にするために消費購買力の向上は待ったなし、電通などで多くの企業で問題になっている働く者の長時間過密労働と過労死の根絶。労働基準法労働時間や残業代の支払いを守らせよう、あなたも労働組合に、等々をかわるがわる声を出し訴えました。

 広島駅では久しぶりに南口宣伝で、国労の分割民営化30年全国安全キャラバンと併せて行われました。寒い中だったが、各箇所で多くの人に受け取られ、元気の出る行動になりました。

|

« 2017年ヒロシマ地域総行動実行委員会結成総会 2016.12.9 | トップページ | 広島県労連とヒロシマ労連が新春合同旗開き »

ニュース」カテゴリの記事